辻眼科クリニック

099-268-3000

当院の白内障手術

白内障とは

眼内のレンズ(水晶体)

白内障とは、眼内のレンズ(水晶体)が汚れる疾患です。

紫外線による変性が原因のひとつで、加齢により徐々に出現します。

根本的な治療法は手術となります。

白内障手術

手術室

当院は、日帰り手術を中心に、乱視を軽減する切開に努めています。また、個々人の状態に応じ、適切な眼内レンズを選定しています。

当院では眼を守る治療をします。

眼を守る治療
  • 当院では極小切開手術を行います。

    通常2.1mm~2.4mmで切開します

  • Yellow着色レンズ

    ・SANNTEN eternity uni
    ・KOWA Avansee YP2.2R
    ・HOYA XY1
    ・ALCON acrysof natural

    着色フィルターレンズを使用し紫外線から網膜を守ります

    (随時変動があります)

    着色フィルターレンズ
  • ペチジン麻酔

    心因性ストレスからの防御

    ・塩酸ペチジン
    ・緊張と不安を取り除きます

    麻酔

    ※ペチジンとは非アルカロイド系麻酔です。覚醒がよく4時間ほど効きます。呼吸抑制が比較的少ないです。

白内障手術の流れ

  • 1

    ご来院

    血圧測定や体調の確認などを行った後、手術について説明をいたします。

  • 2

    手術準備

    術衣に着替えていただいて、点眼による局所麻酔をした後に、眼の消毒などを行います。

  • 3

    手術

    手術は約10分程度で終了します。患者さまがご高齢の場合などは20分以上かかる場合があります。ほとんどの方は、手術そのものの痛みはありませんので、リラックスして手術を受けてください。

  • 4

    手術後

    回復室でお休みいただきます。院長より、手術結果や術後の注意事項等の説明を行います。

  • 5

    ご帰宅

    注意事項等を必ずお守りいただいた上で、ご自宅で療養なさってください。翌日以降の診察は必ず受診してください。

※ 手術後、お車の運転については医師の許可があるまでお控えください。特に、手術当日は付き添いのご家族に運転してもらうなど、眼に負担をかけないよう、お願いします。